SRS(性別適合手術)の体験を公開します2

こんにちは!

前回、僕のSRS(性別適合手術)を

受けるまでのお話をしましたので今回は

15泊の内容の一部を

書いていきたいと思います!

手術はタイのヤンヒー病院で受けました。

乳腺摘出と子宮卵巣摘出を行いました。

幸い、そこまで胸が大きくなかったので

乳腺摘出はU字切開で行えました。

U字で出来ると

傷跡が目立ちにくいので良かったです。

Bカップ程度ならU字で可能だと思います。

子宮卵巣の摘出は

腹腔鏡という術式で行いました。

腹腔鏡式手術は、

お腹の4か所に小さな穴をあけて

腹腔鏡を入れ子宮卵巣を切除し、

膣から取り出す方法です。

傷跡が少なく回復も早いですが

費用は開腹式よりも高くなります。

僕は当時、トラックドライバーをしていて、

身体を動かすことも多かったため、

開腹式は負担が多く感じたので、

傷も開かずに回復の早い腹腔鏡式にしました。

これから、3月29日~のお話です。

3月29日

 愛媛県からタイの飛行機は出ていないので

大阪の関西空港まで夜行バスで移動しました。

3月30日の朝

 関西空港からタイへ出発です。

より安い飛行機を取ったので韓国で

乗り換えのある飛行機で行きました。

早く予約をすれば直行便でも

かなり安く取れます。

乗り換えなども含んで移動時間は

10時間程かかりましたが、

無事到着しました。

日本とタイの時差は2時間程度です。

タイへ着いた時は、すっかり夜だったので

近くのホテルへ移動しました。

国の匂いに慣れないのか、

飛行機の疲れか、

その夜は体調が悪かったです。

3月31日

 手術の1日前に入院で、健康診断や説明、

手術費用の支払などをしなければいけないので

朝からヤンヒーへ行きました。

ヤンヒーまでタクシーで行くのも

説明が通じなくて一苦労でした・・・。

なんとかヤンヒーに着いて、

早速通訳の方とお会いし、

手続きを進めていきました。

病室へ荷物を置いて、日本から持っていった

必要な書類などを持ち、

手術を受ける前の検査をしていきました。

病室は友人と2人部屋で広かったです。

手術費用は、乳腺切除→約43万円

子宮卵巣摘出→約35万

検査代やカウンセリング費、入院なども含めて

支払い合計は約80万円でした。

(当時の金額です。

現在は全体的に値上がりしたようです。)

しかし、国内と比べると破格に安いですね。

昼食は、通訳の方と病院の横にある

飲食店でチャーハンを食べました(´ー`)

病院の周りには色々なお店がありました。

その日の夜からは絶食で、

明日の手術に緊張しながら眠りました。

4月1日

 あまり寝れなかったのですが、

手術の日となりました。

朝6時くらいから、手術のために

下の毛の処理をしたり

腸に残っている物を出すため、

浣腸をしました。

友人はこの浣腸が

一番苦痛だったそうです・・・(笑)

それから手術服に着替えて点滴です。


手術直前の写真です。

意外とリラックスしていました。

朝8時半頃から手術でした。

10分前ぐらいに、

先に僕が手術室へ運ばれました。

友人は少しずらして手術を開始しました。

大きな手術をしたこともなく、

"いざ"となると、とても緊張しました。

「もしかしたら死んでしまうかも?」

「これで死んでも悔いはないな」

など自問自答の繰り返しです。

しばらくして麻酔を吸い込みました。

ビックリするくらいすぐに

記憶が途切れました。

目が覚めた時には、

手術室の端の辺りにいました。

身体には激痛など感じることなく、

本当に終わったのかな?と思いました。

病室に移され、時計を見ると

午後3時頃でした。

約7時間ほど手術室に

居たことを知りました。

とにかく無事に終わったことに一安心です。

友人も無事終わったようで

ホっとして笑顔になれました。

親や心配していた人にとりあえず

手術が終わった事だけを連絡しました。

しばらくすると眠気がきて

再び眠ってしまいました。

次に目を覚ましたのは

夜中だったと思います。

目を覚ましても身体は怖くて

動かすことが出来ない感じでしたが、

激痛という痛みはありませんでした。

どちらかというと、

胸の方が痛かったかと思います。

手術後すぐは起き上がることはできないので

体勢を変えることなく、ひたすら寝てました。

そのおかげで僕だけ床ずれしました・・・。

体勢を変えないとお尻や腰に

体重がかかってしまって

痛くなってしまいます。

我慢せずに看護婦さんに、クッションでも

敷いてもらうことをお勧めします!!

手術後の様子や観光などは

次回に書かせていただきます!

文章が読みにくいかもしれませんが、

ご了承下さい(;´Д`)

FTM・FTX向けアンダーウェア

http://www.fpc17ms.com/

クリックで応援してください(^_-)-☆
↓↓↓

続きはコチラからどうぞ。↓↓

SRS(性別適合手術)の体験を公開します3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です