SRS(性別適合手術)の体験を公開します3

こんにちは。

SRSの体験を書いていますが、

前回までの記事は

読んでくださいましたか(´ー`)

まだこれからの方は是非最初から

見てくださいヽ(^o^)丿

今回は手術後の事などお話したいと思います。

4月1日に手術を受け、その日は

ひたすら寝ていました。

4月2日

目覚めてしばらくして、

改めて身体に付けられた管を見て

手術をしたという実感がわきました。

手術をした先生が術後の経過や消毒を

してくれてその日も寝ていたと思います。

4月3日

だいぶ元気になってきて

身体を動かすように言われました。

寝返りをしたり、トイレに行ったり

最初は看護婦さんに手伝ってもらいます。

子宮卵巣を摘出した分、腸を下に

移動させないといけないという様な

事を言っていたと思います。

胸に血が溜まらないように、

ドレーンという管を付けて

血を流しています。

血はこのボトルに流れていきます。

トイレに行ったり、病室内を歩いたり

するように言われたので

起き上がるようになりました。

最初は痛くて、恐る恐るでしたが、

友人は僕よりも起きたり

ウロウロしていました。

お腹を切っていないので

思ったよりも回復が早かったです。

4月4日

手術から3日目です。

ここまでくると、かなり回復していて

しゃがんだりも出来ていました。

胸はこんな感じです。

乳首黒いですが・・・(笑)

お腹もかなり腫れていました。

その日は、病院内を歩いたり

病院の外を散歩したり

結構、元気でした。

術後の経過も好調で問題なしです。

そして、明日5日が退院の日です。

手術が1日に終わって5日に退院です。

本当に大丈夫?

と思っていましたが全然大丈夫でした。笑

4月5日

退院の日です。

胸はサポーターをして退院です。

退院はしますが、抜糸があるので

4月11日までホテル生活です。

退院手続きを終えて、

ホテルにチェックインを。

それから、退院すぐにまさかの観光へ。

思ったよりも元気で友人とはしゃいでました。

ずっと病院食だったのでお昼は

ロッテリアをむさぼっていました。

抜糸は4月10日なので

約5日間しっかり観光しました。

さすがに退院初日はしんどかったですが(;´Д`)

4月5日~4月10日

観光

タイの夜も楽しんできました(笑)

ゴーゴーバーで女の子に下を触られて

「マイミー」(無い)

といわれてかなりヘコみましたけど|д゚)

そんなのお構いなしです。

ホテルのプールです。

手術後だったので入れなかったので

次回リベンジを心に決めました!

抜糸のため、10日にヤンヒーへ行きました。

抜糸自体は痛く無いのですが、

「パチ・パチ」という音が

すごく不快で嫌でした・・・。

看護婦さんとは、

言葉があまり通じなかったけど

親切で楽しい入院生活を送れたので

感謝しています(^◇^)

ヤンヒーでは、乳首の修正を

同時に出来ないので、

また来ます。と言ってお別れしました。

4月12日

帰国です。

手術も無事成功し、思う存分

観光出来ていい旅でした。

本当は手術がメインなのでもっと

安静にしてないといけなかった

かなと思いましたが・・・。

思いのほか、回復も早くて

さすがタイだな。と感心しました。

術式によって傷の具合が変わって

くるので無理は禁物です。

術後の経過と仕事復帰など

続きは次回に書きたいと思います。

ありがとうございました!

好評発売中

FTM・FTX向けアンダーウェア

http://fpc17ms.com/

クリックで応援してください(^_-)-☆
↓↓↓

続きはコチラからどうぞ。↓↓

SRS(性別適合手術)の体験を公開します 終

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です