FTMホルモン注射・ネビドとは

今回は男性ホルモンについて

書いていきたいと思います。

僕はホルモン注射を始めてから

5年が経ちます。

当初は副作用などは全く無く

過ごしていました。

でも最近、ここ1年ぐらいは

ホルモンのせいなのか体調が

優れません(*_*)

2年前に、子宮卵巣を取ったので

そのせいで余計なのかな?

と感じています。

症状でいうと更年期障害のように

ホットフラッシュがひどかったり

蕁麻疹になってしまったり。

ホルモンの打ち過ぎかなと思い

量を減らしてみました。

今までは、エナルモンデポー

2週間に1回250mgお尻へ

打っていました。

手術をする前は、

卵巣から女性ホルモン

多く分泌されていたので

2週間に1回の間隔でホルモンを

投与しないと効き目が弱いと

感じていたのですが手術をして、

女性ホルモンが分泌される器官を

取ったのでこれまで程は

投与しなくても大丈夫だと聞きました。

確かに納得しますね。

でも、僕はそれを知らなかったので

手術後約2年間は2週間に1回

ペースで注射に行っていました。

それで、やっと2か月前から

1か月に1回250mgに変更しました。

・・・ですが症状は変わらない。

減らしたことで良くも悪くも

何も感じてはいない状況です。

そこで、気になったホルモン注射が

あったのでご紹介します。

大体の人は、エナルモンデポーを

投与していると思いますが

ネビド

という男性ホルモンがありました。

このネビドはエナルモンよりも

質が良く、長期持続するようです。

 

ネビドとは?

ホルモンを投与する間隔は、

エナルモンだと、2週間~3週間に1回

のペースが多いと思いますが

ネビドは3か月安定して

ホルモン値が持続します。

そして質も良いのでエナルモンを

投与するよりも副作用が少ない

ということになります。

とても素晴らしいと思いますが、

問題の値段があります・・・!!

1本約30000円します。

とても高価です。

3か月持続するので1か月1万円。

健康のためなら・・・という感じですね。

エナルモンだと、保険適用で1本

670円です。(病院により異なります)

保険適用前だと1本2180円程度でした。

1か月で比較すると

ネビドは1万円。

エナルモンは670円。

この価格の差は厳しいですが

長い目で見て、身体のことを思うと

ネビドにしたいと考えています。

ネビド

・ホルモン値が安定するので
精神的にも安定する。

・3か月に1回の注射の為
通院が遠い人は助かる。

・ホルモンの質がいいので
身体に優しい。

●費用が高い。

エナルモンデポー

・投与した時にホルモン値が
急上昇して次の投与の時には
ほとんど無い状態。
=ホルモン値が安定しない

安定しないことで
イライラや突発的な副作用が
出てきてしまう。

・2週間~3週間に1回通院なので
病院が遠い人は交通費や時間が
もったいない。

・ネビドと比べると
副作用を多く感じてしまう。

●費用は安い。

                         参考資料

 

ネビドは安定していることが

分かりますね。

ネビドは厚生省が認可していない為
保険適用外です。
外国では、このネビドが主流のようです。

どう考えてもネビドの方が
魅力を感じますね。

費用は高いですが体調が

悪くなってきたので

一度変えてみたいと思います。

打ち出して、効果を感じたら

ご報告したいと思います(^^)/

皆さんもまずは、身体を第一に考えて

治療を行う場合は

無理のない治療を進めて下さいね。

FTM・FTX向けのアンダーウェアを
販売しています。
とっておきのパスグッズとなっています★

FPC.ショップ

最後にクリックで応援お願いします(^_-)-☆

↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です